サルデーニャとは

サルデーニャ島地図 サルデーニャ島の見どころ

地中海の真ん中に浮かぶサルデーニャ島は、イタリア20州のうちのひとつであるサルデーニャ州全体を指します。
島と言っても、面積はおよそ24000平方キロメートル。四国のおよそ1.3倍の面積です。サルデーニャ島を縦断するためには、電車や車で4時間ほどかかります。
人口は約165万人。

気候は地中海性気候。夏は乾燥して暑く、冬は雨がちです。サルデーニャ島の平野部の気温は東京とあまり変わりませんが、冬は湿度が高めです。

サルデーニャ島は、地中海で2番目に大きい島。ちなみに、地中海で最も大きな島、シチリア島は、およそ26000平方キロメートル。

サルデーニャ島地図

夏には、世界中から美しい海を求めてヨーロッパ中からたくさんのバカンス客が訪れますが、丘陵地帯や山地が面積の80%以上を占めるため、トレッキングなども楽しめます。
イタリアでありながら、地中海の中心に位置するため、歴史的に様々な民族の影響を受け独特の文化を持つ。古い伝統が今も息づき、サルデーニャの人々はそれをとても誇りとしています。

太陽、海、時に刻まれた岩々、荒々しい手付かずの自然、地中海性植物の香り、そして頑なに受け継がれる伝統。
イタリア本土とは違う、光、風、空気、時間の流れ方。

そんな、サルデーニャの「空気」を是非、体験しにいらっしゃいませんか?
サルデーニャ島に2004年から在住するサルデーニャ州公認ガイドが、お客様一人ひとりに合ったサルデーニャ旅行をアレンジ致します。

お問い合わせ、お待ちしております。

どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました